賃貸契約で大切なこと

賃貸契約の必要書類とは

賃貸入居審査に通ったら

賃貸契約をするのには揃えなければいけない必要書類があります。まず住民票と印鑑証明が必要で、これは今自分が住んでいる区域の役所に行けばもらえます。ところによってはマイナンバーを使ってコンビニで請求できるところもあります。あなたが会社員なら源泉徴収表が必要で、会社に請求すればもらえます。自営業であれば、確定申告書、納税証明書が必要で、これらの書類もインターネットで取り寄せることが可能です。また賃貸するときは連帯保証人を求められえることが増えていて、保証人となる人の住民票、印鑑証明、収入証明書を揃えた後、必要書類に記入してもらう必要があります。

契約内容はしっかり確認すること

賃貸契約を結ぶのは、その物件の内容や条件について納得できたときです。その後、一方的に解約を申し入れても、その申し出が認められるとは限りませんし、違約金を支払わなければならなくなる可能性もあります。ですから、事前によく内容を確認しておくことが大切です。また、用意が必要なものについては不動産会社によっても違いますから、こちらも担当者にきちんと確認を行っておきましょう。書類によっては取り寄せるのに日にちがかかるものもあるので、提出期日から逆算しつつ早めの準備が必要です。以上のことを心掛けて、お気に入りの賃貸物件に住みましょう。

↑PAGE TOP