賃貸物件の初期費用

マンションとの賃貸契約

賃貸物件の初期費用相場

一般的にアパート・マンションなどの賃貸物件の初期費用は、契約時に支払います。敷金・礼金・仲介手数料などが主な費用となります。物件により差はありますが、それぞれ家賃1ヵ月分の金額が相場の中心です。敷金は部屋の修繕費などの目的で支払い、退去時に一部返金される場合もあります。礼金は大家さんに謝意を込めて支払うもので退去時に返金されません。借主がなかなか決まらないような物件の場合、礼金無と言う事もあります。仲介手数料は物件を紹介する不動産屋に支払います。他には日割り家賃・火災保険などが掛る場合があります。日割り家賃は入居開始月の家賃、途中入居の場合に発生します。火災保険は入居者に義務付けされる場合があります。これも賃貸するそれぞれの物件で違いますが2年間で15000円~30000円ぐらいです。

物件の契約方法について

賃貸物件の契約方法についてしっかりと理解することが大切です。まず、あなたひとりだけではなく、仲介業者に依頼する必要があります。仲介業者とは、多くの物件をあつかっている不動産屋さんのことを指します。最寄りの業者に相談をして、どのような物件が借りられるのかを確認してみるとよいでしょう。ホームページやメールを使うと、すぐに物件情報を閲覧することができます。ここでポイントとなるのが、対応の早い業者を選ぶことです。賃貸物件を借りる際にはトラブルのないように、経験が豊富な会社を使ってください。長くその地域で営業をしている会社がおすすめです。

↑PAGE TOP