賃貸に住むということ

賃貸契約の敷金について

賃貸の退去時の敷金の取り扱い

賃貸物件を契約するとき、ほとんどの契約で敷金を預けることとなっています。これは、退去時の原状回復工事を行うために徴収されます。しかしながら、本当は退去時の原状回復は全て借主が負担しなければならない訳ではありません。今は、家賃に原状回復費用が含まれているという考え方が一般的になってきています。そのため、故意、過失がない限りは借主は原状回復費用を負担する必要がありません。もし、賃貸物件の退去時に敷金が返ってこなくて困っているようであれば、不動産会社に対し家賃に原状回復費用が含まれていることを主張して下さい。

契約書を良く読むこと

賃貸を利用する場合、様々な契約にきちんと目を通す必要があります。細かい字で書かれた書類を見るのは頭が痛くなりそうですが、後から知らなかったとか、損をしたということがないようにする必要があります。最近の賃貸は便利で快適になっているのは良いことですが、それに合わせて費用も高くなっています。また、原状回復の原則があるので、経年劣化以外で物が壊れたり、傷つけたりした場合は弁償しなければなりません。そのため壁に穴を開けないとか、フローリングを傷つけないようにするなど、かなり気を使います。逆に古い物件の場合はある程度大目に見てくれることも少なくありません。

新着情報

↑PAGE TOP